ニュース > ニュースIT

近ツリからウェアラブル端末による「3Dツアー」が登場

kenken
1 kenken (UID:12) |
2015年2月 2日 20:33 |
ID:dfd7c4f
このエントリーをはてなブックマークに追加

眼鏡型の「ウエアラブル(身につけられる)端末」をかけるとCGで再現された江戸の街を見ることができる「3Dツアー」を、近畿日本ツーリストが始めた。新しい観光の手段として注目され、海外の旅行会社からも問い合わせが来ているという。


 今回始まったのは「江戸城天守閣と日本橋 復元3Dツアー」。皇居の江戸城があった場所でウエアラブル端末「スマートグラス」を装着すると、目の前に天守閣が現れる。首が痛くなるくらい見上げないとてっぺんが見えず、かつての威容を実感できる。現在は芝生が広がる本丸大広間跡では、畳の間に大名がずらりと居並ぶ。


 皇居では数カ所、スマートグラス着用ポイントがあり、360度のパノラマで立体的に楽しめる。日本橋でも江戸、明治期の街のにぎわいを再現。外国人観光客向けに、英語のイヤホンガイドも利用できる。


 近畿日本ツーリストの安岡宗秀・未来創造室部長は「外国の方は城や街道を好むが、東京には(歴史的な)ランドマークがないと言われた。日本の高いバーチャルリアリティー(仮想現実)技術を生かして、歴史的なものと接触できるツールを作りたかった」とツアーを企画した理由を語る。2020年東京五輪に向けて外国人客の増加も念頭にある。


 歴史的な建造物や場所だけでなく、観光地で天候が悪い時に晴れの景色を見せたり、他の季節の様子やお祭りなどイベントの光景を映したり...とさまざまなアイデアが検討され、すでに自治体からの引き合いもあるという。「観光の補完機能として、地域観光の誘客にもつなげたい」と安岡部長は話している。

0 (0) Vote up Vote down
スレッドを削除
削除キー:
レスはログイン無しで誰でも書き込めます
kenken
2 kenken(UID:12) |
2015年2月 2日 20:38 | ID:dfd7c4f

ソース
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015020201002136.html

0 (0) Vote up Vote down
このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース > ニュースIT

書き込む

カテゴリ-

ラウンジ

悩み・相談 [+]

ニュース

エンタメ

音楽 [+]

その他エンタメ [+]

芸能人

男性タレント・アイドル [+]

スポーツ

格闘技 [+]

二輪・四輪 [+]

動物

生活

趣味

グルメ [+]

ミリタリー [+]

プラモ・フィギュア [+]

その他趣味 [+]

アウトドア

釣り [+]

その他アウトドア [+]

PC・家電

PC [+]

スマホ・携帯 [+]

モバイル端末 [+]

テレビ [+]

オーディオ [+]

カメラ [+]

その他PC・家電 [+]

アクセス数
累計 :
本日 :
昨日 :
Info
カテゴリ-

ラウンジ

悩み・相談 [+]

ニュース

エンタメ

音楽 [+]

その他エンタメ [+]

芸能人

男性タレント・アイドル [+]

スポーツ

格闘技 [+]

二輪・四輪 [+]

動物

生活

趣味

グルメ [+]

ミリタリー [+]

プラモ・フィギュア [+]

その他趣味 [+]

アウトドア

釣り [+]

その他アウトドア [+]

PC・家電

PC [+]

スマホ・携帯 [+]

モバイル端末 [+]

テレビ [+]

オーディオ [+]

カメラ [+]

その他PC・家電 [+]

アクセス数
累計 :
本日 :
昨日 :