ニュース > ニュース速報

釧路で震度5弱の地震を予知した早川正士教授 今後は鳥取・島根、福島・茨城に注意が必要

ziper
1 ziper (UID:21) |
2015年6月 5日 18:53 |
ID:fccb32cd
このエントリーをはてなブックマークに追加

地震予知教授またまた的中 次に危ない所はここだ! ツイッターでも大反響


 小笠原諸島沖でマグニチュード(M)8・1の巨大地震が発生した衝撃が冷めやらないなか、今度は北海道釧路市を震度5弱の揺れが襲った。先の小笠原地震をはじめ、夕刊フジで数々の地震を的中させてきた予知研究の第一人者、電気通信大学名誉教授の早川正士氏は、2日時点で、この釧路市の地震に警鐘を鳴らしていた。次はどこが危ないのか。首都圏に近い北関東でM5・0規模が起きる可能性があるなど広い地域で要警戒としている。 


中略


日本地震予知学会会長の早川氏は今回もまた前兆を捉えていた。自身が主宰する地震予測情報サービス「地震解析ラボ」(会員制サイト)で今月2日に「6日から17日の間に、根室から釧路沖にかけて内陸海底ともにM5・0前後、最大震度3程度」と発表していた。発生時期は2日前倒しになったが、地震の場所と規模をピタリと当てた。


中略


 早川氏は1日発行の夕刊フジ紙上で、「7日までに北海道の十勝から岩手にかけて内陸ならM5・0前後、海底ならM5・5前後、最大震度4程度」の恐れがあると警告していた。この予測と4日発生の釧路市の地震は別もので、「引き続き警戒が必要」と話している。


中略


 「10日までに鳥取から島根にかけて内陸海底ともにM5・0前後、最大震度4程度。11日までに福島から茨城にかけて内陸海底ともにM5・0前後、最大震度4程度。14日までに和歌山から徳島にかけて内陸海底ともにM5・0前後、最大震度4程度。それぞれ兆候が出ている」(早川氏)


全文
http://news.livedoor.com/article/detail/10196886/

0 (0) Vote up Vote down
スレッドを削除
削除キー:
レスはログイン無しで誰でも書き込めます
カテゴリ-

ラウンジ

悩み・相談 [+]

ニュース

エンタメ

音楽 [+]

その他エンタメ [+]

芸能人

男性タレント・アイドル [+]

スポーツ

格闘技 [+]

二輪・四輪 [+]

動物

生活

趣味

グルメ [+]

ミリタリー [+]

プラモ・フィギュア [+]

その他趣味 [+]

アウトドア

釣り [+]

その他アウトドア [+]

PC・家電

PC [+]

スマホ・携帯 [+]

モバイル端末 [+]

テレビ [+]

オーディオ [+]

カメラ [+]

その他PC・家電 [+]

アクセス数
累計 :
本日 :
昨日 :
Info
カテゴリ-

ラウンジ

悩み・相談 [+]

ニュース

エンタメ

音楽 [+]

その他エンタメ [+]

芸能人

男性タレント・アイドル [+]

スポーツ

格闘技 [+]

二輪・四輪 [+]

動物

生活

趣味

グルメ [+]

ミリタリー [+]

プラモ・フィギュア [+]

その他趣味 [+]

アウトドア

釣り [+]

その他アウトドア [+]

PC・家電

PC [+]

スマホ・携帯 [+]

モバイル端末 [+]

テレビ [+]

オーディオ [+]

カメラ [+]

その他PC・家電 [+]

アクセス数
累計 :
本日 :
昨日 :