ニュース > その他ニュース

米研究チーム、遺伝子操作で寿命を5倍に延ばすことに成功

kenken
1 kenken (UID:12) |
2015年9月28日 15:36 |
ID:fb371d71
このエントリーをはてなブックマークに追加

人間がついに500歳まで生きられる可能性が出てきた、と米研究


人間が500歳まで生きられる可能性が出てきました。米国の研究チームが遺伝子操作によって寿命を延ばすことができるという驚きの発表をしたのです。


これは、米国Buck Institute of Age ResearchのPankaj Kapahi博士のチームが、蠕虫(ミミズやヒルなどの生物種)の一種である、シノラブディス・エレガンスの2つの遺伝子を操作し、寿命を5倍に延ばすことに成功したと報告したものです。


「人間でいえば400~500歳まで生きる」ということですので、驚きです。

研究では、シノラブディス・エレガンスのインスリン作用に関する代謝経路と、ラパマイシンの細胞内標的(TOR)と呼ばれる代謝経路について、それぞれ別々に遺伝子操作しました。


その結果、TOR経路を遺伝子操作すると寿命は30%延びることがわかりました。


また、インスリン信号経路を遺伝子操作したところ、生存期間が2倍になったそうです。


そして、これらの2つの代謝経路を同時に操作すると、その相乗作用で寿命はさらに130%延びると考えられることから、最終的には5倍の寿命延長が可能となるとのことです。


現在、哺乳類動物でも同様の効果があるかどうかを調べるため、マウスを用いた実験を予定しているところだそうです。


全文
http://www.mag2.com/p/news/30915

1 (1) Vote up Vote down
スレッドを削除
削除キー:
レスはログイン無しで誰でも書き込めます
kenken
2 kenken(UID:12) |
2015年9月28日 16:21 | ID:fb371d71
800 * 450

今回実験が成功した蠕虫

0 (0) Vote up Vote down
kenken
3 kenken(UID:12) |
2015年9月28日 16:21 | ID:fb371d71
1252 * 1252

ちなみに織田信長が生きていれば現在481歳

0 (0) Vote up Vote down
このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース > その他ニュース

書き込む

カテゴリ-

ラウンジ

悩み・相談 [+]

ニュース

エンタメ

音楽 [+]

その他エンタメ [+]

芸能人

男性タレント・アイドル [+]

スポーツ

格闘技 [+]

二輪・四輪 [+]

動物

生活

趣味

写真 [+]

グルメ [+]

ミリタリー [+]

プラモ・フィギュア [+]

その他趣味 [+]

アウトドア

釣り [+]

その他アウトドア [+]

PC・家電

PC [+]

スマホ・携帯 [+]

モバイル端末 [+]

テレビ [+]

オーディオ [+]

カメラ [+]

その他PC・家電 [+]

アクセス数
累計 :
本日 :
昨日 :
Info
カテゴリ-

ラウンジ

悩み・相談 [+]

ニュース

エンタメ

音楽 [+]

その他エンタメ [+]

芸能人

男性タレント・アイドル [+]

スポーツ

格闘技 [+]

二輪・四輪 [+]

動物

生活

趣味

写真 [+]

グルメ [+]

ミリタリー [+]

プラモ・フィギュア [+]

その他趣味 [+]

アウトドア

釣り [+]

その他アウトドア [+]

PC・家電

PC [+]

スマホ・携帯 [+]

モバイル端末 [+]

テレビ [+]

オーディオ [+]

カメラ [+]

その他PC・家電 [+]

アクセス数
累計 :
本日 :
昨日 :