ニュース > ニュースIT

F-35のALIS(自律型情報ロジスティックスシステム)がバグだらけだと判明!追加の開発費用10兆円との試算も

C70
1 C70 (UID:20) |
2016年5月 5日 12:51 |
ID:4bcec45c
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ軍が開発する戦闘機「F-35」の制御プログラムはバグだらけで改修に多くの費用と時間がかかる見込み


膨張し続ける軍事費の抑制はアメリカ軍にとって極めて重要な課題であり、それは戦闘機の開発費用だけでなく運用維持費用に関しても同様。F-35には先進的なAutonomic Information Logistics System (ALIS:自律型情報ロジス ティックスシステム)と呼ばれる地上からF-35を制御するコンピューター制御技術が適用されており、ALISによってパイロットは飛行ミッションの策定時や飛行パフォーマンスのチェック時に手厚いサポートが受けられるだけでなく、故障部位を検出して特定することができるため整備士は部品交換が必要な箇所を教えてもらえるので、メンテナンスコストを大きく削減できるという利点があります。このため、F-35開発プログラムのクリストファー・ボグダン米空軍中将はALISを「F-35の頭脳であり血である」と表現するほどで、ALISはF-35運用計画において重要な鍵となる技術と位置づけられています。


しかし、ALISはとてつもなく複雑なシステムのため、システム完成が遅れることによりF-35の開発計画全体が大きく遅れているという現状にあるとのこと。複雑なシステム故にバグの改修作業は難航しており、プログラム完成には至っていません。また、ソフトウェアの分析のためにはおよそ400MBから800MBにも及ぶ機体の飛行データを転送する必要があるのですが、F-35が配備されている強襲揚陸艦「Wasp(ワスプ)」に搭載されている艦内ITインフラ「CANES (Consolidated Afloat Networks and Enterprise Services)」のネットワーク速度が極端に遅いため、実際の作業に支障をきたすという場面に直面したこともある模様。この問題を回避するために、ソフトウェア保守を行うエンジニアは陸上の基地に行って民間のWi-Fiネットワークを利用してデータをダウンロードし、データを手動でCD-Rに焼いてからWaspの艦上にいる部隊にアップロードするという、およそ高い機密性をもつ戦闘機の開発には似つかわしくない作業を余儀なくされたことが報告書(PDFファイル)によって明らかになっているそうです。


度重なるプログラム改修によって開発が遅れているALISに対しては、すでに数十億ドル(数千億円)の費用が投入されています。この費用は、F-35が50年という長期間運用することで総額1兆ドル(約100兆円)というとてつもない費用の削減が期待できるという大義名分によって拠出されてきたものです。しかし、GAOはF-35の開発計画では技術面と開発コスト面での不確実性を十分に考慮してこなかったという問題点を指摘して、ALISの開発に200億ドル(約2兆円)から1000億ドル(約10兆円)の追加費用が必要となると試算しています。


全文
http://gigazine.net/news/20160504-f35-buggy-software/

1 (1) Vote up Vote down
スレッドを削除
削除キー:
レスはログイン無しで誰でも書き込めます
C70
2 C70(UID:20) |
2016年5月 5日 12:58 | ID:4bcec45c
1610 * 1150

アメリカの航空機メーカー、ロッキード・マーティンが中心となって開発しているステルス戦闘機F-35の自律型情報ロジス ティックスシステム (ALIS)にバグが多く、回収作業には途方もない費用と労力と時間がかかる見込みであることが明らかになってる。

0 (0) Vote up Vote down
C70
3 C70(UID:20) |
2016年5月 5日 13:00 | ID:4bcec45c
500 * 375

ALIS(Autonomic Logistics Information System)
これまでの戦闘機整備の概念を変革すると宣伝されている「自動整備情報システム」で、機体と接続するだけで故障箇所や対処方向を教えてくれ、要交換部品の手配まで指示してくれる世界規模のネットワークシステム

0 (0) Vote up Vote down
C70
4 C70(UID:20) |
2016年5月 5日 13:02 | ID:4bcec45c
460 * 300

関連
「F-35」開発スケジュールに遅れ?・・・「ALIS」に技術的難題か=中国メディア


実際のテストにおいて「ALISは想定ほど優れたシステムではなかった」とし、米フロリダ州にあるエグリン空軍基地の関係者の発言として「ALISの誤検知率が80%にも達した」と伝え、現状のままではF-35のメンテナンスを簡易にするどころかむしろ効率を悪化させると報じた。

0 (0) Vote up Vote down
C70
5 C70(UID:20) |
2016年5月 5日 13:07 | ID:4bcec45c
630 * 354

統合打撃戦闘機計画(JSF)に基づいて開発された、第5世代ジェット戦闘機に分類されるステルス機である。

概念実証機のX-35は2000年に初飛行を行い、競作機となったX-32との比較の結果、X-35がJSFに選定される。量産機のF-35は2006年に初飛行し、現在でも開発は継続中である。
ほぼ同一の機体構造を用いながら、基本型の通常離着陸(CTOL)機であるF-35A、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)機のF-35B、艦載機(CV)型のF-35Cという3つの派生を持つ。


日本は合計で42機のF-35Aを導入する計画で、そのうち最初の4機は米国で組み立てられ、残りの38機はこの名古屋FACO工場で組み立てられる。

0 (0) Vote up Vote down
このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース > ニュースIT

書き込む

カテゴリ-

ラウンジ

悩み・相談 [+]

ニュース

エンタメ

音楽 [+]

その他エンタメ [+]

芸能人

男性タレント・アイドル [+]

スポーツ

格闘技 [+]

二輪・四輪 [+]

動物

生活

趣味

写真 [+]

グルメ [+]

ミリタリー [+]

プラモ・フィギュア [+]

その他趣味 [+]

アウトドア

釣り [+]

その他アウトドア [+]

PC・家電

PC [+]

スマホ・携帯 [+]

モバイル端末 [+]

テレビ [+]

オーディオ [+]

カメラ [+]

その他PC・家電 [+]

アクセス数
累計 :
本日 :
昨日 :
Info
カテゴリ-

ラウンジ

悩み・相談 [+]

ニュース

エンタメ

音楽 [+]

その他エンタメ [+]

芸能人

男性タレント・アイドル [+]

スポーツ

格闘技 [+]

二輪・四輪 [+]

動物

生活

趣味

写真 [+]

グルメ [+]

ミリタリー [+]

プラモ・フィギュア [+]

その他趣味 [+]

アウトドア

釣り [+]

その他アウトドア [+]

PC・家電

PC [+]

スマホ・携帯 [+]

モバイル端末 [+]

テレビ [+]

オーディオ [+]

カメラ [+]

その他PC・家電 [+]

アクセス数
累計 :
本日 :
昨日 :